2007年06月22日

さりげな髪型変化の悲しみ

髪を切りました。と、書くと失恋したとか、イメージチェンジするため、とか思われそうですが、(いや、誰も思わないって)そんな大層な目的があったのではなく、単に毛先が伸びて汚くなったので、行こうと思っただけです。

でも、この年齢になると、イメージチェンジというのが、なかなか微妙なんです。

大きく髪型を変えちゃうと、かなりの確率で「老けて」しまうのです。それは、若々しい髪型(若々しいという時点で既にオバサンなんですが)にすればするほど、ちょっとその按配が難しいのです。

なので、私は最近、大幅にヘアスタイルを変えるということはしません。

でもでも、伸びた毛先を切って、全体にさっぱりとして、それがすなわち「キレイな」感じなる、というように心がけているわけです。(涙ぐましいでしょ・・・笑)

さて、昨日も、そんな感じで、後ろはちょっぴり大胆に5センチほど、サイドは3センチほどカットして、でも全体の雰囲気が変えずに、と自分的には、思ったとおりになり、しかも、奮発してフェースシェービング(1500円也)までして、美しく(?)なって、帰宅いたしました。

で、まず一番最初に会ったのが、次女(小4)。この子は、けっこうよく気がつく子なんですが、昨日は、髪型に関して無言・・・・。

次に、保育園に息子をお迎えに。こいつも、けっこうオンナの髪型に敏感なんです。5歳のくせに。

この前、カットしてお迎えに行くと、「ママ、髪切った!」と気付いてくれました。昨日は、髪に関しては無言・・・。

長女、帰宅。こいつは、無神経なので、普段から鈍感なのですが、当然のごとく髪型には気がつかず・・。

オット帰宅、午後11時半。駅まで車で迎えに行きましたが、そのときの私の頭は、洗った直後で、タオルターバン状態。絶対、誰にも会えない格好です。当然、気付くはずありません。

今朝、みんなに「昨日、髪きったんだけど」と告白しましたが、「え〜、全然わからん」とのお答え。

いいのよ、いいのよ、劇的に変わるのが嫌でさりげないカットをしてきたのだから・・・・。

でもね、でもね、ちょっと悲しい・・・。(涙)

ああ、微妙な髪型変化をわかってくれるようなそんなカレが欲しい、と思う今日この頃でございます。チャンチャン♪
posted by キミやっこ at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
分かる、分かる!
密かに誉めて欲しい私たち♪
さり気ない優しさが欲しいお年頃、です(^^)
Posted by 朱美 at 2007年06月23日 09:56
朱美さま

こんにちは、ご無沙汰しています。

分かっていただいて、うれしいです♪
そうなんですよね〜。
変わったことは指摘してほしくないけど、
褒めてはほしい、って勝手かしらん。(笑)

これからもよろしくです。
コメントありがとうございました。
Posted by キミやっこ at 2007年06月25日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4452837

この記事へのトラックバック