2007年06月21日

先生と仲良くなる私

学校の校長先生を取材しました。

といっても仕事ではありません。正確に言うと、取材の仕事はしますが、今回はギャラが発生していないので、仕事ではありません。くどいですが。

実はわたくし、長女の通う中学校の広報委員なのです。

何をするかと言うと、広報誌、所謂「PTA新聞」を作るのです。で、毎年、校長先生に原稿を書いていただくのですが、これが、けっこう硬い文章で、生徒も保護者もなかなか読み辛かったりするんです。

それで今年は、「校長先生に突撃インタビューをしましょう! 教育問題はもちろん、プライベートなんかも聞いて、それを記事風にするとみんな読んでくれるんじゃないですか! やっぱ、新聞は、読んでもらって何ぼのもんだし!」

なんてことを先日の広報委員会で一席ぶってしまいまして、当然というか「じゃぁキミやっこさん、取材やってよ」ということになったのです。

仕事でインタビューや取材は何回かしましたが、いやいや校長先生は初めてで、しかも自分の子がお世話になっている学校ということで、かなり緊張♪

しかし校長先生も、私以上に緊張されているご様子。

そりゃそうですよね。教師生活38年、取材なんて受けたことないですもんね(たぶん)。

それでいきなり、ご家族は? とか好きな食べ物は? とは、聞かれたら驚くと思います。そんなこんなで、なかなか先生もお話が出てこない・・・。それでは、原稿が面白くならない。

私は、生来の性格もあって、「こんな時はこう思いませんか?」「そういうときは、こんな感じになりませんでしたか?」と、ありとあらゆる事例を出し、誘導し、いろいろお答えいただきました。

いやいや、なかなか疲れました。これって取材というより、なんかホステス(?)さんになった気分です。

でもでも私の努力が実を結んだのか、取材後、先生は非常にご機嫌で、「キミやっこさん、今度の保護者の社会見学、出席されますか。私も行きますので、またお話しましょう」というお言葉まで、いただきましたわ・・・。(笑)

いや、先生と仲良くなるって、いいですね〜。

実は、わたくし、次女の小学校の教頭先生とも、とっても仲良しなんです。(自慢してどうする!)

先日、小学校で参観日があり、ちょっと教頭先生にお話したいことがあったので、参観が終わってから職員室に行きました。

職員室にいらっしゃった教務の先生に、「教頭先生は?」とお聞きすると「いや、今日は出張なんです」と言われたので、
「あ〜ら、残念、ちょっとお話したいことがあったのにぃ!」などと言って、教務の先生と隣にいらした保健の先生を、すっかり固まらせてしまいました。

「そんなこと言ったら、教頭先生、びっくりされますよ」と言われたので、「いえいえ、大丈夫です。この前の話の続きだとおっしゃってください。それでわかりますから」と言って、帰ってきました。

子供のことについて以前、ちょっと話しをさせていただいたのですが、その続きを話したかっただけなんですから・・・。でも、ちょっと他の先生には通じなかったかも・・・。

「何やねん、あのおかーさん???」と思われたかどうかはわかりませんが、こうして、母は段々強くなっていくのです。

こんなこと言う保護者は、私だけなんでしょうか。

それはともかく、取材、インタビューのお仕事も、承りますので、よろしくお願いいたします!
posted by キミやっこ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4444284

この記事へのトラックバック