2007年06月25日

無花果に癒される私

イチジクの苗を買いました。いや、イチジクは果樹なので、正確にいうと、イチジクの苗木ですね。でも、「苗」と言いたくなるくらい、小さくてかわいいのです。

背の高さは、約30センチほど・・・。1,480円也。

でも、こんなに小さくても、実がついているのです。

kimiyacco_070625.jpg

イチジクは「無花果」って書くんですよね。

子どものころ、近所の家にこの無花果の木があって、たわわに実ったのを「おいしそうだなあ〜」と思ってみていたのを覚えています。(食い物の恨みは恐ろしいですね、ハイ!)

大人になってからは、家族で無花果を食べる人間が私しかいなくて、庶民派でケチンボで節約家のキミやっことしては、なかなか無花果が買えなかったのです。

で、生協のチラシで、この苗木を見つけました。

この樹がいつか大木になって、実をたわわにつけてくれたら(いつのことやねん!)、思いっきり無花果を食べよう! と思って、買っちゃいました。

果樹って、良いですね。
癒されます。

黙って、けなげに、実をつける・・・。
今、私の元では、「ブルーベリー」が実をつけています。

人生って、なんて、こんなうまくいかないんだ!
何で、私の思うように物事がすすまないんだ!
あ〜あ、嫌な事が多いなあ〜。しんどいな〜。

と思って帰宅しても、この無花果が黙って、私をやさしく慰めてくれます。

そう、この「口ごたえしないで黙って」というのが重要なんです。

今日も、仕事で疲れました・・・・そして無花果に癒される私です。

ちょっと、変でしょうか?
posted by キミやっこ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月22日

さりげな髪型変化の悲しみ

髪を切りました。と、書くと失恋したとか、イメージチェンジするため、とか思われそうですが、(いや、誰も思わないって)そんな大層な目的があったのではなく、単に毛先が伸びて汚くなったので、行こうと思っただけです。

でも、この年齢になると、イメージチェンジというのが、なかなか微妙なんです。

大きく髪型を変えちゃうと、かなりの確率で「老けて」しまうのです。それは、若々しい髪型(若々しいという時点で既にオバサンなんですが)にすればするほど、ちょっとその按配が難しいのです。

なので、私は最近、大幅にヘアスタイルを変えるということはしません。

でもでも、伸びた毛先を切って、全体にさっぱりとして、それがすなわち「キレイな」感じなる、というように心がけているわけです。(涙ぐましいでしょ・・・笑)

さて、昨日も、そんな感じで、後ろはちょっぴり大胆に5センチほど、サイドは3センチほどカットして、でも全体の雰囲気が変えずに、と自分的には、思ったとおりになり、しかも、奮発してフェースシェービング(1500円也)までして、美しく(?)なって、帰宅いたしました。

で、まず一番最初に会ったのが、次女(小4)。この子は、けっこうよく気がつく子なんですが、昨日は、髪型に関して無言・・・・。

次に、保育園に息子をお迎えに。こいつも、けっこうオンナの髪型に敏感なんです。5歳のくせに。

この前、カットしてお迎えに行くと、「ママ、髪切った!」と気付いてくれました。昨日は、髪に関しては無言・・・。

長女、帰宅。こいつは、無神経なので、普段から鈍感なのですが、当然のごとく髪型には気がつかず・・。

オット帰宅、午後11時半。駅まで車で迎えに行きましたが、そのときの私の頭は、洗った直後で、タオルターバン状態。絶対、誰にも会えない格好です。当然、気付くはずありません。

今朝、みんなに「昨日、髪きったんだけど」と告白しましたが、「え〜、全然わからん」とのお答え。

いいのよ、いいのよ、劇的に変わるのが嫌でさりげないカットをしてきたのだから・・・・。

でもね、でもね、ちょっと悲しい・・・。(涙)

ああ、微妙な髪型変化をわかってくれるようなそんなカレが欲しい、と思う今日この頃でございます。チャンチャン♪
posted by キミやっこ at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月21日

先生と仲良くなる私

学校の校長先生を取材しました。

といっても仕事ではありません。正確に言うと、取材の仕事はしますが、今回はギャラが発生していないので、仕事ではありません。くどいですが。

実はわたくし、長女の通う中学校の広報委員なのです。

何をするかと言うと、広報誌、所謂「PTA新聞」を作るのです。で、毎年、校長先生に原稿を書いていただくのですが、これが、けっこう硬い文章で、生徒も保護者もなかなか読み辛かったりするんです。

それで今年は、「校長先生に突撃インタビューをしましょう! 教育問題はもちろん、プライベートなんかも聞いて、それを記事風にするとみんな読んでくれるんじゃないですか! やっぱ、新聞は、読んでもらって何ぼのもんだし!」

なんてことを先日の広報委員会で一席ぶってしまいまして、当然というか「じゃぁキミやっこさん、取材やってよ」ということになったのです。

仕事でインタビューや取材は何回かしましたが、いやいや校長先生は初めてで、しかも自分の子がお世話になっている学校ということで、かなり緊張♪

しかし校長先生も、私以上に緊張されているご様子。

そりゃそうですよね。教師生活38年、取材なんて受けたことないですもんね(たぶん)。

それでいきなり、ご家族は? とか好きな食べ物は? とは、聞かれたら驚くと思います。そんなこんなで、なかなか先生もお話が出てこない・・・。それでは、原稿が面白くならない。

私は、生来の性格もあって、「こんな時はこう思いませんか?」「そういうときは、こんな感じになりませんでしたか?」と、ありとあらゆる事例を出し、誘導し、いろいろお答えいただきました。

いやいや、なかなか疲れました。これって取材というより、なんかホステス(?)さんになった気分です。

でもでも私の努力が実を結んだのか、取材後、先生は非常にご機嫌で、「キミやっこさん、今度の保護者の社会見学、出席されますか。私も行きますので、またお話しましょう」というお言葉まで、いただきましたわ・・・。(笑)

いや、先生と仲良くなるって、いいですね〜。

実は、わたくし、次女の小学校の教頭先生とも、とっても仲良しなんです。(自慢してどうする!)

先日、小学校で参観日があり、ちょっと教頭先生にお話したいことがあったので、参観が終わってから職員室に行きました。

職員室にいらっしゃった教務の先生に、「教頭先生は?」とお聞きすると「いや、今日は出張なんです」と言われたので、
「あ〜ら、残念、ちょっとお話したいことがあったのにぃ!」などと言って、教務の先生と隣にいらした保健の先生を、すっかり固まらせてしまいました。

「そんなこと言ったら、教頭先生、びっくりされますよ」と言われたので、「いえいえ、大丈夫です。この前の話の続きだとおっしゃってください。それでわかりますから」と言って、帰ってきました。

子供のことについて以前、ちょっと話しをさせていただいたのですが、その続きを話したかっただけなんですから・・・。でも、ちょっと他の先生には通じなかったかも・・・。

「何やねん、あのおかーさん???」と思われたかどうかはわかりませんが、こうして、母は段々強くなっていくのです。

こんなこと言う保護者は、私だけなんでしょうか。

それはともかく、取材、インタビューのお仕事も、承りますので、よろしくお願いいたします!
posted by キミやっこ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月19日

父の日のトルコ桔梗

ふと気がつけば、2ヶ月以上ほったらしにしてしまいました。

この2ヶ月、ちょっと体調を崩したり、忙しかったり、といろいろありました。
また、今日から、仕切り直り(何回言ってるねん!)で、がんばりま〜す。

一昨日は、父の日でした。

私自身、あまりそういうイベントをしない家庭に育ったので、どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、なぜか我が家の次女(うちゃん:小4)は、イベント大好き、プレゼントあげたい人間に育っております。

この父の日も、パパのリクエストの陶器のビアグラスを買いたかったのですが、買い物に行ったカルフールには、お目当てのものがありませんでした。しかも、手持ちのお金は180円。肩もみや、足裏マッサージで一生懸命かせいだお金を先月の母の日に使い果たしてしまったのです。

でも、何かパパにあげたい!ということで、見つけたのが、この花です。
紫色でとってもキレイ!

kimiyacco_070619.jpg

私も、一瞬、バラかと思ったのですが、なんと、「トルコ桔梗」でした。

トルコ桔梗は、私が大好きな花。でも、こんな八重咲きがあるとは知りませんでした。一重の可憐な花、という印象だったのですが、すごい華やかで、美しい!
しかも、しかも、280円というリーズナブルさ。
私が100円カンパをして、次女が買いました。

パパ、号泣!というのは、ウソですが、喜んでいました。
テーブルに花があるって、いいですね〜。

花を愛でる生活・・・、そんなゆとりを持ちたい今日この頃であります。
posted by キミやっこ at 20:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記