2007年03月29日

緊張の卒業式

先日、長女の小学校の卒業式が終わりました。
長かったようで、あっという間の6年間でした。

身体に不釣合いなほど大きなランドセルを背負って、桜の木に下に立ったのが、昨日のことのように思い出されます・・・。

と、書くとまるで、謝辞の中の1文のようですが、まさに、そうなんです。

わたくし、卒業生の保護者代表で、謝辞を読ませていただきました。
原稿を考え(同居人)、清書(うちの母)、そして、本番(わたくし)で、約2ヶ月、しんどかった〜。

卒業生の保護者として、しんみりしたり、思い出に浸ることもできず、ひたすらひたすら緊張した卒業式でございました。

実は、昨年、この年になって、声の仕事なるものでデビューしていらい、声を使うことに、とっても快感を感じてしまい、今回の大役も引き受けてしまったのですが、いやいや、マジで大変でした。
でもでも、緊張とともに、人前でしゃべる気持ちよさも、しっかり感じさせてもらいました。(笑)

おかげさまで、謝辞は先生方にも、他の保護者の方にも大好評。(自画自賛でスイマセン)

kimi.jpg

久々に、お着物なんぞも着たりして、ちょっぴり晴れ姿の母でした。

いよいよ、来月は中学校の入学式!
な・なんと、今度は、入学式で、わが娘が新入生代表で「入学のあいさつ」をすることに。
またまた、緊張の入学式になりそうです。
posted by キミやっこ at 17:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月13日

不二家の思い出、そして今日は・・・・・・・。

あっという間に2月も終わり、今日は、3月13日。

今日は、私の誕生日♪
(と言っても、別に特別なことはなし、普通の1日です。)

さて、2月後半は、風邪でダウンし、またまた日記が滞ってしまいました。
思えば、バレンタインデーの日に、娘と必死でトリュフとクッキーを焼いたあと、寒気がして、熱が出たのでした。

さて、私のバレンタインデーの思い出といえば、数々ありますが、一番の思い出は、やはり、初めて渡したチョコレート。小学校6年の時です。その子の家まで持って、緊張しながら、チャイムを押した事を今でもはっきり覚えています。(何年前やねん!という突っ込みいれてくださった方、ありがとうございます。)(笑)

その人生初めて、男の子に渡したチョコレートが、不二家のハートチョコです。当時、まだまだバレンタインデーなどというものは、今ほど浸透しておらず、チョコレートも普通のものしか売っていなかったと覚えています。その中で、12歳で買える金額で、一番それっぽいもの、といえば、このハートチョコだったんです。

ご存じの方も多いと思いますが、ハート型でチョコの中に、ピーナッツが入っているものです。
ああ、ナツカシイ・・・・。

不二家のお菓子が店頭から消えるまで、定番商品として、スーパーにあったような気がするのですが、もしかしたら、もう売られていないのかな〜? 

もうひとつ、不二家の思い出といえば、
これまた、幼少期の話で恐縮ですが、私がまだ幼稚園くらいの頃です。
母に、ミルキーを買ってもらって、包み紙を開けると、中の白いミルキーに真っ黒に蟻がたかっていたのです。
こわいですね〜。当時の記憶は定かではないのですが、ミルキーの白が見えないくらい黒になっていたのは、覚えています。母がすぐに不二家に電話して、その後、お菓子セットのようなものが送られてきたそうですが、それは私は覚えていません。

でも、もしかしたら、そのころから、杜撰な管理だったのかな、と思うと本当に怖いです。

不二家の工場が生産を再開する、というようなニュースを耳にしましたが、今度こそ、しっかりやって欲しいし、もし、今度こんな過ちをしたら、次は無いよ、ということだと思います。

あー、今日の誕生日、全然めでたくないし、私自身「誕生日来て欲しくな〜い、年をとりたくな〜い」と思っているのですが、反面、お誕生日のおめでとうメールが、登録メルマガだけ、というのも、淋しい〜〜〜〜〜。(涙)

仕事しながら、ちょっぴり、そんなこんなの誕生日♪
posted by キミやっこ at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記