2007年02月08日

やっぱり安西水丸さんの文章は、いい!

最近、通勤の友に、安西水丸さんの本を読んでいます。
昔(というと、安西氏に失礼かな)も、ちょっと読んでいたのですが、最近、思い出したように、また数冊読んでいます。

やっぱり、文章がうまいな〜。
どうして、こんなにさらりとした文章が書けるんだろう・・・・。
丁寧に書いているのに、くどくなく、すとんすとんと頭に入ってくる文章。
私も、いつかこんな文章が書けるようになりたいものです。

安西さんの本を読んでいると、見慣れた泉北ニュータウンがマンハッタンに見えてくるから不思議・・・。(というのは、ちょっと言い過ぎですね)。(笑)

ところで、本のなかで、イラストレーターの渡辺和博氏のことがちょこちょこ出てくるのですが、昨日、新聞で渡辺氏の訃報を知りました。

「金魂巻」、我が家の本棚のどこかにあると思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by キミやっこ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年02月06日

大阪ラブストーリー

今朝、出勤途中、谷町筋から角を曲がろうと、した時に、「おっとっと」と人とぶつかりそうになりました。

「あ!」と思って、思わずよけて、一瞬その人の顔を見て、ビックリ!
なんと、高校生の時に付き合っていた「カレ」だったのです。

東京ラブストーリー(ちょっと、古い?)か、まるで映画のワンシーンのようです。
こんなことって、あるんですね・・・。

映画なら、一瞬見つめあったあと、近くのカフェにでも入り、昔話をして、云々・・・。
というように話を進むのでしょうが、現実は、厳しい・・。

高校時代に別れて、一度も会ったことがなかったので、かれこれ20年以上会っていません。
はっきり言って、お互い「オジサン」と「オバハン(私はそんなつもりはないですが、一応、謙遜です。念のため)」。しかも、私は、長時間通勤のため、コンタクトもはめておらず、車中で熟睡していたため、寝ぼけ眼の素ッピンです。

一瞬、目があったような気がしたのですが、お互い、何事もなかったように、通り過ぎて行きました。

いや、もしかしたら、全然違う人だったのかもしれません。
きっと、その可能性の方が高いかも。

でも、もしかしたら、20年ぶりの再会だったのかな・・・。
それなら、もうちょっとキレイな格好で、せめてちゃんと化粧して会いたかったな。

二度と会うことはないでしょうが、元気でがんばってください!
posted by キミやっこ at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記