2006年11月27日

高級食材は庶民の胃に合わない

先日、超久しぶりに、「ミナミ」で、呑みました。
(ミナミというのは、大阪のナンバ〜心斎橋界隈の総称です)

たまたま土曜日の夕方に大阪市内は心斎橋方面で打ち合わせがあり、終わったのが7時過ぎで、丁度呑みにいくにはジャストタイミングということで、久々に、夜の街を堪能してまいりました。

適当な和風割烹みたいなお店に入ったのですが、これがけっこう「当たり」というか、なかなか美味しかった!

値段も、美味しかった! では、ないですね、値段もなかなかけっこうでした。だって、1品800円とかするんだも〜ん。スーパーで、「あ、今日は、ほうれん草が88円だ!安い!」と思って買っている庶民ですから、ブリ大根800円には、ちょっと勇気がいります。

もちろん、すっごく美味しいので、文句はないのですが・・・・。

そんなこんなで、おもわず携帯で撮ってしまったのが、「たこの炙り焼」と最近ちょっと話題の「イベリコ豚」さん。

「たこの炙り焼」は、炙ったたこが数切れ出てくるのかな・・・と思っていたら、な、なんと、まず登場したのは、卓上の七輪と、真っ赤にいこった「備長炭」。その上に、直径6〜7センチはあろうかという「たこ」の足の輪切りです。

店員さんが、うやうやしく「北海道の水だこでございます。」と教えてくれました。

kimiho061127_tako.jpg

ま、関西人としては、「たこは、明石でしょ」とか思っちゃいますが、まあ、すごい蛸でした。弾力があって大きくて、まさに「蛸ステーキ」って感じですね。
〆は、イベリコ豚。

一度、食べてみたかったのですが、これも、かなり高い。(って、値段の話ばっかりでスイマセン。)黒胡椒がきいて、これまた美味しい〜♪

kimiho061127_buta.jpg

2軒目は、そこから少し歩いて、法善寺かいわいの貝の専門店さん。珍しい貝をちょこっといただいて、ご機嫌で帰宅しました。

やっぱ、外で呑むのは、いいな〜。

「お家ごはん」や、「家で呑む」っていうのも、なごむけど、やっぱ、外で呑むのはいい!スーパーの食材で手作りも美味しいけど、たまには、外で美味しいものも食べたい!

幸せな一夜でした!

しかし、これだけでは終われない。

機嫌よく帰って、お風呂に入り、いつものように就寝。

もちろん、お酒は呑んだけど、呑んだくれるほどではない。むしろ、食べることに重きを置いたので、普段より呑む量はすくないくらいでした。

なのに、なのに、午前3時すぎ、猛烈な胃の痛みと気分の悪さで目が覚めて、トイレに直行!
ゲーゲー、吐いちゃいました。(汚い話でごめんなさい)

これって、高級な食材は、庶民のキミやっこの胃には合わない、受け付けない、ってことですか!
posted by キミやっこ at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月16日

「おかあさんといっしょ」の「こんげつのうた」に思う

NHKの「おかあさんといっしょ」を見始めてから、けっこうな時間がたっているような気がします。最初の子から考えると、かれこれ10年近く見ているのでは。

この間に、うたのお姉さんもお兄さんも何回か変わり、キャラクターもいろいろ変わっていきました。キャラの設定には、私なりにいろいろ感じることがあるので、それについては、また別の機会に書くとして、今日は、「こんげつのうた」について、ちょこっと書きます。

「おかあさんといっしょ」が始まる朝の8時半ごろは、我が家は一番下の子が保育園に行く用意でバタバタしています。

そんな中、私が化粧する間、子どもをおとなしくさせておくには、NHK教育(関西では12ch)をつけているのが一番なので、まあ10年、ずっと我が家のテレビは「おかあさんといっしょ」がついているわけです。

なので私自身がじっくり番組を見る、ということはないのですが、最近、とても気になる歌が・・・。

毎日聞くので、多分「こんげつのうた」になっていると思うのです。題は「ありがとうお母さん」

これがね〜、泣かせるのです。

歌詞も泣かせるし、歌詞のバックの絵が素人さんの写真なんだけど、これまた、子どもに頬擦りするお母さんだったり、抱っこするお母さんだったりして、とても良い写真なのです。ちょっと、あざといのでは〜? と思うこともあるのですが・・・・。

で、仕事に行く前にもかかわらず、身につまされて思わずウルウルしているわけですが、ふと思いました。

これって、完全にお母さん狙いの歌なわけなんですよ。子どもは、どこまでわかっているのかな〜・・。

そういえば、2ヶ月ほど前の「こんげつのうた」も「ただいまママ」とこれまた「ママ大好き」を全面に打ち出した曲でした。今月の「ありがとうお母さん」ほど”泣かせモード”ではないにしろ、私には、強く印象に残っています。

そっか〜、それが狙いなのね、NHKさん。

テレビを見せるのも、キャラクター買うのも、雑誌を買うのも、結局はお母さんだものね。お母さん狙いの選曲があってもおかしくないよね・・・。

この泣かせる「ありがとうお母さん」は、作詞:きたやまおさむ、作曲:加藤和彦と、かなりの一流どころなわけです。

ちなみに、先々月の「ただいまママ」は、作詞:山田ぱんだ、作曲:伊勢正三と、これまたフォーク界の大物なのですね。

私よりだいぶ年上(?)でフォーク世代でもある同居人は、「『フォークル』と『かぐや姫』かぁ・・・」としきりに関心してましたが。ひょっとしてプロデューサーさん、同居人と同年輩なのでしょうか?

まあ、大物だからどうのこうのというのではなく、「だんご三兄弟」にはじまり、「たこやきなんぼマンボ」のようなちょっとお笑い系もあれば、こうしてしんみりする歌もいれちゃうのは、やはり母を意識した選曲なんだ、とふと思ったりした今日この頃でした。

こんげつの「ありがとうお母さん」は下記のサイトにあります。
http://www.nhk.or.jp/kids/okaa/

ところで、10年この番組をみていながら、今日、ブログを書くために初めて「おかあさんといっしょ」のサイトを見ました。で、「月の歌一覧」をいうのを見て、「ああ、これ覚えている」と一人でにやにやしているキミやっこなのであります。

子どもがいなかったら一生見なかっただろうこの番組、気がつけば、わが人生の中で、実は一番の長寿番組になってしまっているわけで・・・。

それが何とも、不思議な今日の気分なのであります。
posted by キミやっこ at 16:57| Comment(16) | TrackBack(3) | 日記

2006年11月09日

やはり、スカートははけなかった・・・。

昨日(すでに一昨日になってしまった。)のスカート談義の続きです。

一昨日の会社の帰り、明日は、久々に、スカートはくぞ!と固く心に誓って、電車に乗りました。
一ヶ月ほど前に、買ってまだ一度もはいていないスカートがあるので、それをはいて出勤しよう!と思って、地下鉄の構内を歩いておりました。

黒地にすその方に白い刺繍のあるスカートだから、トップは白か黒よね〜、などと、久々にコーディネートなんぞも考えながら歩いておりました。

061109.jpg

ふと前を見ると、ドヒャヒャヒャ〜〜〜〜ン!こんなことって、あるのですね。

前を歩くおばあさん。かなり腰が曲がって、髪も薄く、残っている毛も真っ白。どう見ても70歳は越えたおばあさん。
そのおばあさんがはいているスカート、同じなんです。私がまだ一度もはいていない、明日久々にはこうと思っていた、そのスカートを同じなんです。

マジですよ。マジ。
天王寺の駅の構内です。

その瞬間、私のメンタマ、1メートルくらい飛び出てたと思います。
そう、ギャグ漫画によくあるシーンのように。

「うそ〜〜〜〜〜!」って、絶叫しました。(心の中でですが)

はい、イズミヤで買った3980円のスカートですけど、でも、私が買うときでも、「これ、ちょっと若い人向けじゃないかな〜」なんて、心配して買ったスカートなんですよ。
膝丈くらいで、ふわっとしたスカートで、けっこう気にいって買ったのに・・・・。

そのおばあさん、かなり小柄で、というか、ものすごく腰が曲がっているので、ちょうど、足首の少し上の長さになってました。

そのおばあさんに罪はないんだけど、でもショック!
おばあさん、自分で買ったの、そのスカート?
孫娘のスカート、勝手に借りたのちゃうのん?

そして、私は、今日もスカートはけませんでした。
posted by キミやっこ at 01:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月07日

スカートがはけない・・・・。

ふと、考えてみると、そう言えば、なが〜い間スカートをはいていない・・・。

この前スカートをはいたのは、祖母の葬儀での喪服。その前は、夏の旅行でのお風呂あがりのサンドレス・・・。その前は・・・・。ダメだ、思い出せない。オンナたるもの、そんなにスカートをはかなくていいのか!

と、思い立ってスカートはいてみました。

しかーし、何かヘン。何がヘンなのか、よくわからないけど、何かヘン。
そう、要するに、見慣れていない自分の姿が、変なのです。

スカートをはかないのであれば、何をはいているのか。
そう、パンツです。言い訳がましくなるけど、ジャージではありません。

ふだんは、ジーンズ。仕事は、パンツ一辺倒。スーツも基本的にパンツスーツ。いつごろから、スカートはかなくなったのかなあ。

昔は、「足だけは細いね(あくまで、足だけ)」と言われていたので、ミニスカートなどもはいておりました。(遠い目〜)

きっと、ズボンのことをパンツ(発音は平板)と呼ぶようになったころからでしょうね。一応、私は、ズボンやスラックス(死語)などは買ったことはないと思っています。

そして、今秋の流行は、スキニー。

おばさんには、ちょっときついファッションではあるかもしれませんが、最近はブーツカットオンリーだったので、多少チャレンジしてみる価値あり、というところです。

しかし、スカートって、はかないと、はけなくなるものですね・・・・。
しみじみ、実感する今日この頃・・・・。

明日は、久々にスカートはいてみますか。(って、誰も、見てませんて。)
posted by キミやっこ at 15:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月06日

環状線で男女同権を考える・・・。

先週、久しぶりに大阪環状線(JR)に乗りました。そこで、二つほど感じた事が。

まず一つ目です。

新今宮駅を利用したのですが、そこのプラットホープを歩いていて、珍しいものを見つけました。
「もの」ではないですね。場所です。そう、「喫煙場所」。

最近は、地下鉄も私鉄各線もほとんど禁煙なので、なんだか、とても久振りにホームでたばこを吸う人をみたように思いました。
しかも、ホームの真ん中

確か、南海の中百舌鳥駅も喫煙場所があったように記憶していますが、ホームの端っこに申し訳なさそうにありました。

その点、この新今宮の喫煙場所は堂々としているように感じました。
そして、吸っている人の多いこと。若い男性も中年の男性も学生風の女性もOL風の女性もおばさんもおじいさんも、まさに「老若男女」です。

私自身は、タバコは吸いませんが、別に吸う人が嫌い、と言うわけではないので、「久々に、こんなにたくさんのタバコを吸う人をみたなあ」と、ある種の感慨を持って眺めてしまいました。

そして、二つ目です。

降りたのは、野田駅です。待ち合わせまでに、少し時間の余裕があったので、駅のトイレを利用しました。

トイレの前には、「ただ今、清掃中です。」との看板がありました。でもその下に、「清掃中でもご利用できます。」という小さな文字があったので、入ろうと思いました。入ろうと思ったときにもう一度、その看板を見ると、もうひとつ小さな文字で何か書いてあります。

「男性清掃員が清掃しております」

「え! 女子トイレを男性が清掃!!!」

これって、良いんですか?

マジでビックリです。地下鉄のトイレはたまに利用しますが、その際は、いつも女性の方が清掃していました。

JRだけなのでしょうか。JRでは、普通のことなのでしょうか? 

と、かなり衝撃を受けながら、トイレに入ってみると、いらっしゃいました男性の清掃員の方が! しかも、けっこう若いおにーさん。(いや、お年寄りだから女子トイレの清掃をして良い、という問題ではないですが。)

JRの職員ではないのでしょうね。どこかの清掃会社に登録している人なのかなあ。

でも、「男性清掃員が清掃しています」と書いた看板まであるということは、いろいろな女子トイレで、男性清掃員が清掃している、ということなのでしょうか。

とっても、落ち着かないまま、トイレを後にしました。

と言うわけで、本日のタイトルが「環状線で男女同権を考える」ということなのです。

喫煙についてもトイレ清掃についても、とやかく言うつもりはありません。
でも、トイレの清掃は、やはり男性にしてほしくないなあ、というのは、個人的には思います。
posted by キミやっこ at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記