2006年09月22日

髪もデジタルの時代。

昨日、デジタルパーマなるものをあててきた。

結果、何がデジタルなのかよくわからなかった・・・・。しかも髪型は、あまり代わり映えしない・・・嗚呼。

まあ、これから3ヶ月くらい、この巻き髪が続けば、良しとするか、という感じです。

しかし、昨日あてたのが「デジタルパーマ」なら、従来のものは「アナログパーマ」なのか・・・。そもそも、髪にカールを与えるパーマに何がデジタルなのか・・・。

そして、一番言いたいのは、デジタルパーマは、高かった!

アナログパーマ、というのかどうかわからないけど、従来のパーマの2倍。12,000円也。

庶民のキミやっことしては、日々スーパーで「今日は、納豆がいつもより20円安い!」と買い物しているわけでありまして、清水の舞台から飛び降りてのデジタルパーマ初体験でした。

こういうものが「高い!」と言っているようでは、おしゃれさんになれないのかもしれないな〜。
きれいになるには、それなりの金額が必要、と自分自身に言い聞かせながら、今日は過ごしております。

私の髪の毛は、非常に細くてやわらかい。この形容句が体形にも当てはまるのであれば、とてもうれしいのだけど、髪の毛では全然うれしくな〜い。

パーマがあたりにくい髪質で、あててもすぐ取れちゃう。あたりにくい、ということで、このデジタルパーマを薦められたのだけど、果たして、どうなのかなあ〜。

「持ちが全然違います」と美容師さんに、太鼓判を押されたのですが、ちょっぴり不安。

リアルにキミやっこに会うことがあれば、デジタルな髪の毛をぜひご覧ください。
posted by キミやっこ at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月21日

私は、いつ死ぬのかな・・・?

「私はいつ死ぬのかな・・・?」って、タイトルにしましたが、別に思いつめているわけではありません。本当に純粋にそう思ったのです。

実は、昨日、祖母の葬式でした。
享年92歳、亡くなる前日まで元気で三食きっちり食べて、翌朝、亡くなっていたそうです。

苦しまず、家族の世話になることもなく、ぽっくり逝ってしまいました。なので、お葬式も、けっこうなごやかで、久々に会う親戚としゃべったりして、不謹慎かもしれないけど、たまにこんな1日があってもいいかな、という日でした。

棺の中の祖母は、綺麗にお化粧してもらっていて、遺影より、ずっと若い感じでした。

私は、初孫だったので、小さいころは、とてもかわいがってもらったし、いろいろ連れていってもらいました。

そんなおばあちゃんが、死んでしまった・・・・。

正直、涙が出るほど悲しい、というわけではありません。ただ、今は、死んでしまうと二度と会えないんだ、という思いですごく寂しい気持ちでいっぱいです。

そして、思ったのが「私は、いつ死ぬのかな・・・?」ということです。

もちろん、今、死にたくはないです。
でも、人間って、必ずいつか死んでしまうのですよね。
それって、私は、いつなんだろう。

これから、死ぬまでどんな人生を生きていくのかな。
そんなことを ふと思った1日でした。
posted by キミやっこ at 16:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月04日

人生で3回目の出来事

人生で3回目の出来事、というと、「何?!」と思われるかもしれませんが・・・。
プロ野球観戦です。

1度目は、はるか昔の小学生の時。今はなき大阪球場に『南海ホークス』の試合を見に行きました。近所の友達とそのお父さんに連れて行ってもらったかすかな記憶があるだけで、対戦相手も何も覚えていません。
球場って、ひろいな〜、という印象だけ残りました。

2回目は、たぶん8年くらい前。大阪ドームに、これも今はなき『近鉄バファローズ』と『千葉ロッテ・マリーンズ』の試合を見に行きました。これは、多分、試合というより、大阪ドームを見に行く、ということで行ったと思います。

そして、3回目が、この夏休みの最後に行った大阪ドーム、いや、今は、京セラドーム大阪というそうです(『おけいはん』みたいな名称ですね)。

対戦カードは、『オリックス・バファローズ』対『福岡ソフトバンク・ホークス』。

私は、生粋の阪神ファンなので、本当のことを言うとパ・リーグの試合には、あんまり興味がありません

でも女性の中では、かなりの野球好きの部類に入ると思うので、一応、今回も楽しみに行きました。

今回は、子どもが小学校でこの試合の無料招待券をもらってきたので、行く事にしたのです。ちなみに大人は、内野が1000円。

夏休みのイベントの一つとして、球場にいくのもいいだろう、ということで、家族で行ってまいりました。
でも、私の子どもの友人たちにとっては、無料であるにも関わらず、「興味がないのよ」と、行く人は少ないようです。

で、取り急ぎ試合の感想はというと・・・、ひと言でいうと、「つまんない!」。

初回に、ソフトバンクが大量点を取ってしまったことが全ての原因かもしれませんが、それにしても、ダレた試合だと感じました。なんというか、ピリッとしない、というか、プロ野球って、こんなものなのかな〜・・・。

それと、もうひとつは、スターがいないってこともあるのかも。

この試合で、スターと呼べるのは清原くらい。というか、顔と名前を知っている選手が数えるほど・・・。
ソフトバンクの松中と川崎、そして、投手の和田。オリックスは、谷もいないし、中村ノリもいないし、さびしい〜〜〜。

関西人だし、気持ち的には、やはりオリックスを応援したいのですが、なんともピリッとしない試合のため、「思いっきり応援したい」という気持ちにもなれず、消化不良のまま、帰宅した感じです。

一緒に行った人間は、もともと大の『近鉄バファローズ』ファン。一昨年のごたごたから、楽天やオリックスを細々と応援しているみたいですが、どうもいまひとつ気持ちがノラない様子です。見に行ったときも、「オリックスバファローズは、やっぱり、オリックスや。近鉄とは違うので、心の底から応援できひん。」と、のたもうておりました。う〜ん、なかなか哀れを誘う言葉であります。

ちなみに、そのあたりの心境を、本人がブログでセツセツと述べておりますので、ご興味のある方は、ご一読を。
http://triad-com.sblo.jp/article/874382.html

私は、先にも書いたように阪神ファンなので、そういう感情はわからないのですが、今回の試合の酷さ、は、やはり淋しさを感じます。

もっと、パ・リーグに盛り上がって欲しい!

サッカーに押されているような気もするけど、プロ野球のナイターを見に行くのが、もっと若い人にもひろまって、「おっしゃれ〜」と思ってもらいたい。思ってもらえるような雰囲気にならないかな〜と思いますね。

球場で、アベック(死語?)なんて、ほとんど見なかったな。家族連れか、サラリーマンのグループか、あとは、友人同士って感じ。

プロ野球、しばらくは、テレビでの観戦が続きそうです。

人生で4回目のプロ野球観戦は、いつになるかな・・・・?
(誰か、阪神戦、誘って〜!)
posted by キミやっこ at 17:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006年09月01日

大人の宿題

ようやく長かった夏休みが終わりました。
9月に入ったとたんの、この涼しさ・・・。
日本の四季って、すごいな〜なんて、今更ながら感心しています。

さて、夏休み、疲れました。
私が暑さに弱いこともあるのですが、
一番のプレッシャーは、なんと言っても宿題。
漢字や計算のドリルのほか、自由研究、読書感想文、生活体験文、工作、絵画、お習字など、
今どきの小学校って、けっこう宿題多いです。

ま、そんな宿題も、今年は、何とか8月29日に終了し、子どもたちは、最後の2日間ゆっくり過ごしたのですが、
が、が、が、残っていました、私の宿題。

それは、何かと、いいますと、

雑巾」です。

小6の長女は、夏休み開始早々に、自分で手縫いしたのですが、
小3の次女の分は私が作らないといけません。

忙しいし〜、というのを言い訳に、雑巾を縫ったのは、31日の夜でした。

いや、しかし、この雑巾、別に縫わなくてもいいんですよね。
ご存じの方の多いと思いますが、今、雑巾って、売っているのです。

2枚180円くらいで売っているので、めちゃ高いわけでもないし、名前書くところもちゃんとついているし、
吊り下げるヒモもついているらしい。

でもな〜、貧乏性なのでしょうね、この雑巾が私は買えないのです。

4月には、6枚手縫いでチクチク縫いました。
しかも、昔は、古いタオルなどを雑巾にしたと思うのですが、
今は、新品のタオルでつくってくるそうです。

なんだかな〜、と思うのですが、友達が皆買った雑巾や新品のタオルで縫った中で、ひとり古いのもどうかな〜とも思うし、
子どもと相談しました。

結果、弟が保育園で使っていたタオル、使い古しでいい感じにクタクタになっていて、柄もカワイイので、これで作る事にしました。

私は、別に雑巾を買うのはおかしい、と言うつもりはありません。
新品のタオルで雑巾を作るのはやめて、と言うつもりもありません。

というか、私は雑巾が買いたいのです。忙しい中、雑巾縫い、したくな〜い。
でも、買えない性格なのかなあ。

いや、私、別に戦時中の生まれでもないです。
小学生の母親としたら、平均的に年齢だと思うのですが・・・、でも、買えない。
新品のタオルで縫うこともできない・・・・。

ま、雑巾1枚、とやかくいうほどのことではないのですが、
8月31日、夏休みの〆は、雑巾について考えることで終わりました。 チャンチャン!

ninja.jpg

bokujyou.jpg

追伸

写真は、忍者屋敷と貯金牧場の貯金箱です。
しんどい、と言いながら、こういうのを手伝うのは、けっこう楽しかったりして・・・。


posted by キミやっこ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記