2006年06月29日

欲張り人生・・・

先週のアエラ(6月19日号)からのネタです。

表紙がジーコで、「さあ、W杯」という文字が悲しいですね〜。

さて、普段は買わないアエラを買ったのは、「仕事+子育て=快楽」子ども3人のキャリア女性が語る「特典」という記事に惹かれて。

ま、私は、キャリア女性でもないし、ここに載っている女性のような大層な仕事をしているわけではないですが、子ども3人という部分では一緒。お気楽に零細企業で電話番とお茶くみと雑用をしながらも、いろいろ悩んでいる訳です。

1.25ショックの一方で、「3」。そう、これは、史上最低の出生率の1.25。

興味のある方はアエラのバックナンバーを読んでいただければ良いと思うので、内容については詳しく書きませんが、要するに「大変さを上回る喜び」がある、ということ。「仕事のストレスは家で、家のストレスは仕事で発散している」、両立のコツは、のめりこまずに距離をおくこと、などと書かれていました。

以前、私は知り合いから「子どもも産んで、仕事もして欲張りだ」と言われたことがあります。そのときは、何も言えなかったけど、大変ですよ、マジで。通勤に1時間以上もかかるし。

仕事ももっとしたい、子どもがいなければ、もっともっと思いっきり仕事ができるのに・・・。
子どもと一緒にいたい。仕事がなければ、もっと子どものためにあんなこともこんなこともできるのに・・・。

矛盾してますよね。でも、これが正直な気持ち。選択したのは私。子どもも欲しい。仕事もしたい。じゃ、どうすればいいのか。常に中途半端な感じがして、いらいらしている自分がいます。でも、折り合いつけていくしかないんでしょうね。

アエラの記事の中で、ちょっと「おっ!」と思ったのが、「100満点なんてとろうと思わないこと。仕事も家庭も60点ずつ取れば合わせて120点なんだから」という記事。なるほどね〜。

そんな風に考えたことはなかった・・・。

確かに、両方60点でも120点っか。そう考えればいいのかも。

確かに納得できる考え方。でも、そういう風に考えたくない自分もいる。仕事と家事(育児)は全く別次元のこと。「合わせて120点」という考え方は、自分にはできないな〜。

たった一度の人生を楽しく生きていくために、自分の好きなことをしたい。そのために出産し、育児をし、そして、好きな仕事をしている・・・と思っているのですが。

ああ、なんだか、人生論になってきた・・・。収拾つかないので、今日はここで終わります。
posted by キミやっこ at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月22日

ママいろいろ

今日は、年に1度の保育参観。要するに、保育園の参観日。働いている方がほとんどなので、「この時間にきてください」というのではなく、朝から給食の時間まで、都合の良い時間に見に来てください、ということになっています。

保育園というのは、先に書いたように、基本的にお母さんは働いている人ばかり。なので、忙しいし、登園も降園もバラバラ。会った事もないお母さんもたくさんいる。

だからこういう、他のお母さんと会う機会は、妙に緊張してしまう。

子どもの年齢がたまたま一緒で、保育園で同じ組になっている、というだけのことなので、お母さん同士友達になろう、と言うほうが、そもそも無理があるのだが・・・。いや、無理に友達が欲しいといっているわけではないのであるけれど。

この機会にいろいろなお母さんを思わず観察してしまうのであるが、けっこう面白い。

というわけで、子どもを観るために来たくせに、思わず隣のお母さん同士の話に「耳ダンボ」になってしまっている私である。

1人は「回転寿司」で週に3回パートしているらしい。もう一人は、コンビニでバイトしているとか・・・。う〜ん。なるほど・・・。回転寿司のパートの内情を詳しく聞いてしまった。コンビニのバイトもなかなか大変らしい。

しかし年齢も服装も、いろいろで面白い! 

我が子は4歳児のクラス。だから、同級生のママには、どう見ても20代前半だろうな〜、と思う人もいる。金髪に腰パン、タンクトップのファッション。

絶対、お友達になれないだろうな〜、当然、向こうも「友達なんかになれないよ〜」って同じことを思っているだろうけど。

そうかと思えば、失礼ながら「おばあちゃんなのか、はたまたお母さんなのか」と思うような人もいる・・・。

私は、どう思われているかわかりませんが・・・。気にしてもしかたないし。

というわけで、子どもも見つつ、他のママも観察して、なかなか楽しい半日でした。

最後は、給食の試食。これが、メチャ美味しい美味しい♪

手作り給食で、ちなみに今日のメニューは、「焼鮭の甘酢漬け・筑前煮・インゲンもゴママヨネーズ和え・小松菜と麩のみそ汁・ふりかけごはん」

もしかして、晩御飯より豪華だったりして〜。

給食をしっかりおかわりするわが息子よ。
大きくなるんだよ〜。
posted by キミやっこ at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月16日

6月14日:激ウマ! 手作り豚ハム

ハムを作りました。豚ハムです。ハムって作れるんですね。私がいつも見ているフロレンさんのサイトで、手作りハムのレシピが載っていたので、忙しい合間をぬってチャレンジしてみました。


orginal_ham.jpg

結果、激ウマです〜。いや、激ウマなんて、はしたない言葉を使ってしまいましたが、超美味しい〜・・・・!!

今まで、買っていたハムはなんだったのか! というくらい美味しかったです。とにかく、「お肉」の味がするのです。

いや、もちろん市販のハムも、お肉を材料にしているのですが、でもね、今までの私の中には、「お肉の味」というものがあって、また全く別のものとして「ハムの味」「ソーセージの味」というものが存在していたのです。しかし、それは、間違いでした。

今回作ったハムは、従来のハムの味ではなく、「お肉の味」という非常にシンプルなものをより発展させた味、つまり別のものではなく、同じ肉なんだけど、美味しさの方向が違う、とでも言えばいいのでしょうか・・・? 非常にまわりくどい言い方ですが、本当に美味しかったです。

さらに付け加えると、簡単!

詳しくは、フロレンさんのサイトをご覧いただければ良いとおもいますが、一言でいえば、塩をぬって、2〜3日冷蔵庫で置いて、塩をあらって、ラップに包んで5分ゆでるだけ〜、ねえ、すごく簡単でしょ。これで、とんでもなく美味しいハムになるのです。

今度は、「鶏ハム」に挑戦です。
posted by キミやっこ at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

6月13日:有名人に会った!

今日、電車で座っていたら、私の斜め前に立っている人が、妙にデカイ。よく見ると、外人のようである。「ああ、外人さんか〜」と思って、目をそらした瞬間、「あれ、どこかで見たことあるような・・・」と気がつきました。

「あ、ジェフ・バーグランドさん!」

きっと、きっと、絶対間違いないと思います。でも、車内のだれも気がついてない感じです。

と、ひとりで心の中で、ドキドキしていたら、次の駅に到着し、な、なんとバーグランド氏が、私の隣の着席されたのであります。ひょえ〜、って別にそんな大袈裟にいうことでもないのですが、ちらちら横を盗み見してみると、英字新聞を読んでいる。

ああ、やっぱり外人だ〜。と妙に納得したりして、そのうちに、赤ペンを出すので、なんだなんだ、と思っていると「クロスワードパズル」をしていました。ああ、もっと英語をちゃんと勉強しておくべきだった・・・。そうすれば、話しかけることができたのに、いや、英会話ができても、話しかけることはできないかな、いや、しかし、などと心の中で、一人問答をしているうちに、電車は、難波に到着・・・。

バーグランド氏のつけて必死であとを追いかける私でしたが、私が乗り越し清算をしているときに、見失ってしまいました。
うう、残念!

あとから、調べてみると、今は、帝塚山学院大学の先生をしているとのこと。そっか〜、だから泉が丘から乗ってこられたのですね。やっぱり、本物でした!(いや、確認はしてませんが)

難波まで、ドキドキやきもきしながら楽しい30分でした。

そのあとの、プレゼンも大張り切りでこなして、気持ちよく疲れて、立ち飲みで飲んで、ご帰還。

子どもたちは、3人とも、夕食を食べて、お風呂にも入ってました。

そうそう、そういえば、今日は、小学校の授業参観でした。参観のあと、ダッシュで仕事に行って、車内でバーグランド氏に遭遇し、なんだか、濃い1日でした。
posted by キミやっこ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記