2008年09月12日

モディリアーニと、後追い自殺

ふと気がつけば、9月も半ばにさしかかっています・・・。

今年の年頭の目標は、「毎日を大切に暮らす」だったのですが、春先から夏にかけて怒涛の忙しさ・・・。
夏休みが終わり、ようやくホッとしたら、あら、もう今年も残り数ヶ月、となっておりました。

しかし、真夏の暑さもようやく一息ついて秋らしくなってきた今日この頃、芸術の秋ではありませんが、モディリアーニ展に行ってまいりました。

kimiyacco080912_01.jpg

モディリアーニといえば「中学の美術の教科書に載っていたなあ」という、細長い顔になで肩の肖像画を書く人・・・ということくらいしか知らない私でしたが、さすが日本でも人気の高い画家、平日の午前中というのに、なかなか盛況でした。

しかし来場者の多くは、年配のご婦人連れです。やはり、こういう展覧会は女性が多いのかな、なんてことを思いながら見て回りました。

スケッチなども多く展示されており「ああ、このスケッチがこの絵になったのか」なんてこともわかって楽しかったです。
モディリアーニの画風に行き着くまでの、変遷のようなものも垣間見ることができて、なかなか美術知識がゼロに近い私でも、わかりやすかったです。

が、しかし、なんといっても衝撃だったのは、モディリアーニとその妻の死です。

モディリアーニは、35歳の若さで病気で亡くなったのですが、その妻ジャンヌは2日後に投身自殺をしてしまうのです。ジャンヌは、享年22歳でしかも妊娠8ヶ月、2歳の幼い女の子までいたそうです。

ううむ、後追い自殺か〜。

後世に名を残すほどの芸術家の妻なので、情熱的でモディリアーニを深く愛していたんだろうけど、でも、なあ・・・と思ってしまう私は日本人なのか、それとも愛が薄い人間なのか?

浪花節的には、2歳の子と父親を知らない子を立派に育て上げるのが妻の役目、な〜んて思ったりもするけど、そこまでいかなくても、何年かたって再婚もありでは、とも思うけど。

くどいけど「妊娠8ヶ月で、2歳の幼子残して自殺するか〜」と思ってしまった。私はワイドショーの見すぎかしら・・・?

そんな話を同居人にしたら、「後追い自殺はせんといて」と言われてしまった・・・。いやいや、安心して。私は後追い自殺なんてしませんって。

でも、この展覧会には、行って良かったです。たまには、こういう場所に行くのもいいですね。

ついで、といっては何ですが、迫力満点だったのが、同じ国立国際美術館でやっていた塩田千春の「精神の呼吸」。

こちらもなかなか必見です。千足の靴に赤い糸が結びつけられていたり、病院のベッドの周りが無数の黒糸をはりめぐらしたり・・・。なんとも言えない、でも引きつけらるアートでした。

kimiyacco080912_02.jpg


どちらも15日までですが、オススメです。
posted by キミやっこ at 17:22| Comment(3) | TrackBack(25) | 日記

2008年06月03日

梅雨入り・・・・。

080603.jpg

先日のブログでも書いたように、今年の目標は「毎日を丁寧に暮らす」ということでした。
しかし、しかし、毎日が怒涛のように過ぎていく今日この頃・・・。
そして、何の脈絡もないですが、梅雨入りしました。去年より20日早いとか。
どういうこと???
とにかく、洗濯物が乾きません。イライラ、イライラ。

そんな時、お友達の新婚さんのリンゴさんからお花をいただきました。
生花、っていいですね。
癒されます。

白いお花をみて、ウットリ。
ほんの一瞬、心休まります。

りんごさん、ありがとう〜♪
posted by キミやっこ at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月28日

みんみん皆のミンナミンC

minnamin_c.jpg

近所のドラッグストアの店頭で、見つけました!
一瞬、「あ、498円は安い!」と思って足を止めて、ビックリ♪

「みんみん皆のミンナミンC」って、どうよ!

パッケージは、はっきり言って「○ロナミンC」そっくり、というか一緒ですよ。

買いたい、でも、ちょっと恥ずかしい・・・・・。

と思って、思わず写メだけ撮った私って・・・・。

だれか、ミンナミンCの味をご存じの方は、ご一報を!
posted by キミやっこ at 01:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月22日

愛してます、H.B。

今の私の生活になくてはならないもの、必需品になっているのがH.B。
もう、H.Bなしでは、生きていくことができない・・・。って、ちょっと大袈裟ですが、そのくらい超お気に入りで、ほぼ毎日使っているのが、H.Bなのです。

H.Bとは、さて、何でしょう?
そうです、H.Bとは、ホームベーカリーのことです。

昨年の11月にナショナルのH.Bを購入以来、約6ヶ月経ちましたが、な、なんと、この6ヶ月の間、一度も食パンを買っておりません! これって、すごくない〜?
私は、自他共に認めるパン大好き人間。朝食は絶対にパンじゃないと、1日がはじまらない、そんな人間なのです。
H.Bを買うまでは、切れることなく、食パンを買い続けておりました。

今は、2日に一度、もしくは、毎日、このH.Bでパンを焼き続けております。
私、ナショナル関係者ではありませんが、このナショナルのホームベーカリーで焼いた食パン、本当においしいんです。
普通の食パンコースで焼いても、皮がパリッとして、ハード系のパンが好きな私には、超好みの感じ!でも、中は、ふわふわ・・・・。子どもたちも、同居人も、このパリパリの皮が好きで、端が取り合いです。

ああ、こんなことなら、もっと早く買えば良かったです。

朝、2階から階段を下りていくと、キッチンから焼きたてのパンの香りが・・・・。
なんて、幸せなんでしょう。

最近、食パン以外に凝っているのが、ふわふわ白パン。
パン生地をH.Bで作り、普通はそれをオーブンで焼くのですが、それを炊飯器で焼くと、白くて、ふわふわの白パンができるのです。
超うま〜!です。

P1080011.jpg P1080012.jpg

ちなみに写真のパンは、黒ゴマを入れたセサミ白パンです。

そんなこんなで、私の生活になくてはならないもの、それは、H.Bです♪
posted by キミやっこ at 16:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月20日

サクランボの収穫

皆様、お久しぶりです。
ブログを書くのは、昨年6月からほったらかしにしていたので、約1年ぶり・・・・。
1年間に、何してたのでしょうか?
忙しかったのかな?

とりあえず、今年の年頭の目標は、
「毎日を丁寧に生きる。ゆっくりと生活する。」だったのですが、
あっという間に、今年も3分の1が終わってしまいました。
とはいえ、あと3分の2残ってますから、これからがんばって丁寧な毎日、そしてブログの更新を心がけていきたいと思います。

sakurannbo.jpg

一昨年、生協の通販で購入した「さくらんぼ」の苗木に、今年は、少し実がなりました。
送られてきたときは、ただの「棒」。こんなんに実がなるのかしら?と不安だったのですが、どうにか少し成長して、昨年は2〜3粒の収穫だったのですが、今年は、けっこう収穫できました。

お味は、「あま〜い」には程遠く、野趣あふれると言うか、小粒で味が薄くてしかも酸っぱい、きっと、サクランボの原種に近い味なんじゃないかな、と思っています。
この原種のようなサクランボに、改良を重ねて、あの大粒で甘いおいしい実にしたのでは・・・?
と、私の勝手な想像ですが。

来年は、もっとたくさん実をつけてね。そして、もうちょっと甘いサクランボになってほしいな・・・・・・。
posted by キミやっこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月25日

無花果に癒される私

イチジクの苗を買いました。いや、イチジクは果樹なので、正確にいうと、イチジクの苗木ですね。でも、「苗」と言いたくなるくらい、小さくてかわいいのです。

背の高さは、約30センチほど・・・。1,480円也。

でも、こんなに小さくても、実がついているのです。

kimiyacco_070625.jpg

イチジクは「無花果」って書くんですよね。

子どものころ、近所の家にこの無花果の木があって、たわわに実ったのを「おいしそうだなあ〜」と思ってみていたのを覚えています。(食い物の恨みは恐ろしいですね、ハイ!)

大人になってからは、家族で無花果を食べる人間が私しかいなくて、庶民派でケチンボで節約家のキミやっことしては、なかなか無花果が買えなかったのです。

で、生協のチラシで、この苗木を見つけました。

この樹がいつか大木になって、実をたわわにつけてくれたら(いつのことやねん!)、思いっきり無花果を食べよう! と思って、買っちゃいました。

果樹って、良いですね。
癒されます。

黙って、けなげに、実をつける・・・。
今、私の元では、「ブルーベリー」が実をつけています。

人生って、なんて、こんなうまくいかないんだ!
何で、私の思うように物事がすすまないんだ!
あ〜あ、嫌な事が多いなあ〜。しんどいな〜。

と思って帰宅しても、この無花果が黙って、私をやさしく慰めてくれます。

そう、この「口ごたえしないで黙って」というのが重要なんです。

今日も、仕事で疲れました・・・・そして無花果に癒される私です。

ちょっと、変でしょうか?
posted by キミやっこ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月22日

さりげな髪型変化の悲しみ

髪を切りました。と、書くと失恋したとか、イメージチェンジするため、とか思われそうですが、(いや、誰も思わないって)そんな大層な目的があったのではなく、単に毛先が伸びて汚くなったので、行こうと思っただけです。

でも、この年齢になると、イメージチェンジというのが、なかなか微妙なんです。

大きく髪型を変えちゃうと、かなりの確率で「老けて」しまうのです。それは、若々しい髪型(若々しいという時点で既にオバサンなんですが)にすればするほど、ちょっとその按配が難しいのです。

なので、私は最近、大幅にヘアスタイルを変えるということはしません。

でもでも、伸びた毛先を切って、全体にさっぱりとして、それがすなわち「キレイな」感じなる、というように心がけているわけです。(涙ぐましいでしょ・・・笑)

さて、昨日も、そんな感じで、後ろはちょっぴり大胆に5センチほど、サイドは3センチほどカットして、でも全体の雰囲気が変えずに、と自分的には、思ったとおりになり、しかも、奮発してフェースシェービング(1500円也)までして、美しく(?)なって、帰宅いたしました。

で、まず一番最初に会ったのが、次女(小4)。この子は、けっこうよく気がつく子なんですが、昨日は、髪型に関して無言・・・・。

次に、保育園に息子をお迎えに。こいつも、けっこうオンナの髪型に敏感なんです。5歳のくせに。

この前、カットしてお迎えに行くと、「ママ、髪切った!」と気付いてくれました。昨日は、髪に関しては無言・・・。

長女、帰宅。こいつは、無神経なので、普段から鈍感なのですが、当然のごとく髪型には気がつかず・・。

オット帰宅、午後11時半。駅まで車で迎えに行きましたが、そのときの私の頭は、洗った直後で、タオルターバン状態。絶対、誰にも会えない格好です。当然、気付くはずありません。

今朝、みんなに「昨日、髪きったんだけど」と告白しましたが、「え〜、全然わからん」とのお答え。

いいのよ、いいのよ、劇的に変わるのが嫌でさりげないカットをしてきたのだから・・・・。

でもね、でもね、ちょっと悲しい・・・。(涙)

ああ、微妙な髪型変化をわかってくれるようなそんなカレが欲しい、と思う今日この頃でございます。チャンチャン♪
posted by キミやっこ at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月21日

先生と仲良くなる私

学校の校長先生を取材しました。

といっても仕事ではありません。正確に言うと、取材の仕事はしますが、今回はギャラが発生していないので、仕事ではありません。くどいですが。

実はわたくし、長女の通う中学校の広報委員なのです。

何をするかと言うと、広報誌、所謂「PTA新聞」を作るのです。で、毎年、校長先生に原稿を書いていただくのですが、これが、けっこう硬い文章で、生徒も保護者もなかなか読み辛かったりするんです。

それで今年は、「校長先生に突撃インタビューをしましょう! 教育問題はもちろん、プライベートなんかも聞いて、それを記事風にするとみんな読んでくれるんじゃないですか! やっぱ、新聞は、読んでもらって何ぼのもんだし!」

なんてことを先日の広報委員会で一席ぶってしまいまして、当然というか「じゃぁキミやっこさん、取材やってよ」ということになったのです。

仕事でインタビューや取材は何回かしましたが、いやいや校長先生は初めてで、しかも自分の子がお世話になっている学校ということで、かなり緊張♪

しかし校長先生も、私以上に緊張されているご様子。

そりゃそうですよね。教師生活38年、取材なんて受けたことないですもんね(たぶん)。

それでいきなり、ご家族は? とか好きな食べ物は? とは、聞かれたら驚くと思います。そんなこんなで、なかなか先生もお話が出てこない・・・。それでは、原稿が面白くならない。

私は、生来の性格もあって、「こんな時はこう思いませんか?」「そういうときは、こんな感じになりませんでしたか?」と、ありとあらゆる事例を出し、誘導し、いろいろお答えいただきました。

いやいや、なかなか疲れました。これって取材というより、なんかホステス(?)さんになった気分です。

でもでも私の努力が実を結んだのか、取材後、先生は非常にご機嫌で、「キミやっこさん、今度の保護者の社会見学、出席されますか。私も行きますので、またお話しましょう」というお言葉まで、いただきましたわ・・・。(笑)

いや、先生と仲良くなるって、いいですね〜。

実は、わたくし、次女の小学校の教頭先生とも、とっても仲良しなんです。(自慢してどうする!)

先日、小学校で参観日があり、ちょっと教頭先生にお話したいことがあったので、参観が終わってから職員室に行きました。

職員室にいらっしゃった教務の先生に、「教頭先生は?」とお聞きすると「いや、今日は出張なんです」と言われたので、
「あ〜ら、残念、ちょっとお話したいことがあったのにぃ!」などと言って、教務の先生と隣にいらした保健の先生を、すっかり固まらせてしまいました。

「そんなこと言ったら、教頭先生、びっくりされますよ」と言われたので、「いえいえ、大丈夫です。この前の話の続きだとおっしゃってください。それでわかりますから」と言って、帰ってきました。

子供のことについて以前、ちょっと話しをさせていただいたのですが、その続きを話したかっただけなんですから・・・。でも、ちょっと他の先生には通じなかったかも・・・。

「何やねん、あのおかーさん???」と思われたかどうかはわかりませんが、こうして、母は段々強くなっていくのです。

こんなこと言う保護者は、私だけなんでしょうか。

それはともかく、取材、インタビューのお仕事も、承りますので、よろしくお願いいたします!
posted by キミやっこ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月19日

父の日のトルコ桔梗

ふと気がつけば、2ヶ月以上ほったらしにしてしまいました。

この2ヶ月、ちょっと体調を崩したり、忙しかったり、といろいろありました。
また、今日から、仕切り直り(何回言ってるねん!)で、がんばりま〜す。

一昨日は、父の日でした。

私自身、あまりそういうイベントをしない家庭に育ったので、どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、なぜか我が家の次女(うちゃん:小4)は、イベント大好き、プレゼントあげたい人間に育っております。

この父の日も、パパのリクエストの陶器のビアグラスを買いたかったのですが、買い物に行ったカルフールには、お目当てのものがありませんでした。しかも、手持ちのお金は180円。肩もみや、足裏マッサージで一生懸命かせいだお金を先月の母の日に使い果たしてしまったのです。

でも、何かパパにあげたい!ということで、見つけたのが、この花です。
紫色でとってもキレイ!

kimiyacco_070619.jpg

私も、一瞬、バラかと思ったのですが、なんと、「トルコ桔梗」でした。

トルコ桔梗は、私が大好きな花。でも、こんな八重咲きがあるとは知りませんでした。一重の可憐な花、という印象だったのですが、すごい華やかで、美しい!
しかも、しかも、280円というリーズナブルさ。
私が100円カンパをして、次女が買いました。

パパ、号泣!というのは、ウソですが、喜んでいました。
テーブルに花があるって、いいですね〜。

花を愛でる生活・・・、そんなゆとりを持ちたい今日この頃であります。
posted by キミやっこ at 20:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2007年04月11日

徒然な春の戯言

昔の人は、よく言ったもので、一月はいってしまう、二月は逃げて、三月は去ってしまう、とそのとおり、あっという間の三ヶ月が過ぎ、今日は、もう四月の十一日。

今年は、卒業式や入学式、また三月の年度末の怒涛の忙しさで、わけがわからないままに、過ぎていってしまいました。

ようやく、今日から子どもたちの給食もはじまり、新年度が始まった!という気持ちです。

そんなわけで、今日は、本日最終日の造幣局の通り抜けに行ってきました。

070411_sakura.jpg

会社から、徒歩で20分くらいの距離でしょうか。でも、大川があるので、気分的になかなか川を越えることができず、通り抜けに行ったのは、初めて・・・に近いのです。

大昔、行ったような記憶があるのですが、誰と行ったかも覚えていないくらい遙か昔のこと。

さて、今日はお天気もよく、最終日ということで、かなりの人出。桜というより、人の頭の方が多いかな、という感じです。あちこちから聞こえる言葉も、関西弁はむしろ少なく、九州や関東の言葉も聞こえます。

究極は、中国語。中国からもツアーで来ているんですかね。もう、ビックリ♪

今年の通り抜けは、当初の予測からか例年より1週間以上早い日程。しかし、今日が最終日というのに、まだまだ七分咲き程度。通常の桜も、結局は例年と変らないスケジュールで咲きましたよね。

でも、そこはさすが、造幣局! そこらで見るソメイヨシノと違って、八重の桜は確かに豪華で美しい。気品があるように思いました。小さいのに、幾重にも花弁があるのは、確かに、すごく美しい。

しかし、しかし、なんというか、美しいのだけど、意地悪な見方をすれば、ちょっとお高くとまった感じ・・・? 

「私は、庶民とは違うのよ。」というような雰囲気も受けました。
確かに、由緒ある桜ばかりで、犬で言えば、血統書付き、ってことなんでしょうね。
でも、と思うのは、庶民のひがみ根性でしょうか・・・?(笑)

通り抜けを出ると、大川沿いに、少し盛りをすぎた桜がずっと続いています。
こちらは、こちらで、すごくきれい。
ちょうど、ちょっとした突風が吹いて、見事に花びらが舞って、本当にきれいでした。
なんだか、こちらの桜の方が性に合うような気がするのは、やはり、私は、貧乏性・・・。
なんて、言うと、ソメイヨシノさんに、失礼ですね。

今日のお昼は、会社に近くの公園の桜の下でお弁当。
先週の日曜日は、家の近所の公園で、近所のお友達と花見。

なんだかんだ言って、ほんと日本人は、花見が好きですね。

ちなみに、桜とは、全く関係ないですが、お友達のミチさんが去年の秋に描いていた
「この秋流行のスキニー」やっとやっと、買いました!
http://www.eonet.ne.jp/~skyheart/

大昔、はいていたスリムジーンズと同じかと思いきや、違うのよね〜。
股上が、浅いのよ〜。
これをはいて、小学校に行くと、同年輩と思われる先生に言われました、
「若いわね〜!」って、それって、どうよ。

skiny.jpg

そのあと、「いや、スタイル良いからカッコいいわ、お母さん」と言っていただいたのですが・・・。
先生も、ミニスカート(ちょっとアブナイ)はいたりしてますけど・・・・。
と、まあ、こんなことを言っているようではあきまへんな。

この春は、チュニック風ワンピースに挑戦の予定・・・。(笑)
その前に、ちょっと痩せたい今日この頃でやんす。
posted by キミやっこ at 15:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記